日本フランス語フランス文学会
 
トップページ > 学会員からの情報> イベントその他 

イベントその他関連情報(Autres Informations)

イベントその他
12345
2021/08/02new

京都大学大学院人間・環境学研究科(フランス語、芸術・文化)教員公募

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
京都大学大学院人間・環境学研究科では、芸術・文化(映像メディア、文学、思想を含む)の分野で専任教員を募集しています。詳細は下記の大学HPをご覧下さい。
*こちらは、2021年4月2日締切でご案内したポジションの再公募になります。

京都大学人間・環境学系(大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 人間社会論講座 文化社会論分野)教授又は准教授公募
https://www.kyoto-u.ac.jp/sites/default/files/2021-07/210831_1330-3556d53f542ae1387b264909342ae4c7.pdf
2021年8月31日必着


また、興味を持たれそうな方がおられましたら、周知していただけると大変助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。
16:15 | 募集
2021/07/11

『文学としての人文知』第6回「歴史とユートピア」開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
『文学としての人文知』は、二十世紀、文学と人文知とのあいだにどのような関係の網の目がはりめぐらされていたのかを探る試みです。第6回として、王寺賢太先生(東京大学)をお招きし、7月20日(土)18:00より20:00まで、講演会・討論会をオンラインで開催します。
皆様ふるってご参加ください。

日時:7月20日(火)18:00〜20:00
題名:「歴史とユートピア」
講師:王寺賢太(東京大学)
聞き手:鈴木雅雄(早稲田大学)、塚本昌則(東京大学)
主催:東京大学フランス文学研究室(03-5841-3842 ; futsubun@l.u-tokyo.ac.jp
共催:早稲田大学フランス文学研究室(03-5286-3681; salut@list.waseda.jp

【参加方法】
参加無料(要事前登録)
以下からご登録ください。
https://zoom.us/meeting/register/tJcuc-yvrT8pHtYQ4w2GF7fBijKvmD_4CECw

添付ファイル(PDF): 文学としての人文知6.pdf


12:44 | イベント
2021/07/09

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部 フランス語担当教員公募

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
現在,同志社大学グローバル・コミュニケーション学部英語コースでは,フランス語専任教員(任期付)を募集しております。詳細につきましては,以下のURLをご覧下さい。応募締切は2021年9月2日(木)17時(必着)です。

https://www.doshisha.ac.jp/doshisha/recruit/gc.html#id_01

何卒よろしくお願いいたします。

20:16 | 募集
2021/07/06

筑波大学人文社会系フランス語学担当教員公募

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
筑波大学人文社会系フランス語学担当教員公募

筑波大学人文社会系では,フランス語学担当の教員(准教授または助教1名)の公募を行っております。

採用予定年月日:2022年4月1日
応募締め切り:2021年8月31日(必着)

詳細は,以下のURLをご覧ください。
(日本語)
https://www.tsukuba.ac.jp/about/jobs-information/pdf/202107010919.pdf
(英語)
https://www.tsukuba.ac.jp/en/about/jobs-information/pdf/202107010900-en.pdf


19:32 | 募集
2021/06/29

Revue Balzac第6号投稿案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
クラシック・ガルニエ社の研究誌The Balzac Review/Revue Balzacの第6号(2023年刊行予定)は特集L’adaptation (Andrew Watts責任編集)を予定しています。投稿希望の方は添付の投稿案内(英語版および仏語版あり)に沿って所定の連絡先にご連絡ください。

The Balzac Review/Revue Balzac編集部
鎌田隆行

添付ファイル(PDF): 
Call-Appel 6-2023.pdf
17:35 | 募集
2021/06/25

プルースト生誕150周年特別公開 ―『失われた時を求めて』 関連資料 ―

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
豊島区立鈴木信太郎記念館では、マルセル・プルースト(1871-1922)の生誕150周年を記念し、作家の誕生日である7月10日(土)から、代表作『失われた時を求めて』の自筆書き込み校正刷を特別公開します。信太郎の次男でプルースト研究者として知られる鈴木道彦氏が、高名な外科医かつ文学研究者であり、当時「マルセル・プルーストとコンブレー友の会」の会長を務めていたアンリ・モンドール(1885-1962)から贈呈されたものです。
この機会をお見逃しなく。

開催日時:2021年7月10日(土)~ 9月12日(日)

添付ファイル(PDF):【チラシ】プルースト生誕150周年特別公開.pdf
22:55 | イベント
2021/06/17

明治大学商学部専任教員の公募「フランス語」担当

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
明治大学商学部では、以下の通り、専任教員公募を行っておりますのでご案内いたします。

<担当予定科目>
フランス語ほか

<募集期間>
2021年6月9日~8月14日(消印有効)

<職名>
専任准教授または専任講師

<勤務形態>
常勤(任期なし)

<任用予定年月日>
2022年4月1日

<勤務地等>
明治大学駿河台キャンパス及び和泉キャンパス(東京都)

<詳細>
この他、応募資格や応募方法等の詳細につきましては、以下のウェブサイトから「フランス語」の公募要領をダウンロードしご確認ください。
https://www.meiji.ac.jp/shogaku/recruit/2022.html
14:10 | 募集
2021/06/13

『ヴァレリー研究』第9号

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
『ヴァレリー研究』第9号が刊行されましたのでお知らせします。下記リンクよりPDF版をご覧いただけます。
https://www.paul-valery-japon.com/blank-2

また、研究会HPのエッセー・書評ブログ「Le vent se lève」に新たに下記の書評を掲載しました。
https://www.paul-valery-japon.com/blog

岩津航(書評)『加藤周一を21世紀に引き継ぐために』(三浦信孝・鷲巣力編、水声社、2020年)

伊藤亜紗(書評)他者の痛み:『愛のディスクール──ヴァレリー「恋愛書簡」の詩学』(森本淳生・鳥山定嗣編、水声社、2020年)

田上竜也(書評)『愛のディスクール──ヴァレリー「恋愛書簡」の詩学』(森本淳生・鳥山定嗣編、水声社、2020年)

久保昭博(書評)事実と虚構の境界──ジャン=マリー・シェフェール『物語の変調──物語プロセスの新たなアプローチのために』

嶋中博章(書評)イヴァン・ジャブロンカ『歴史家と少女殺人事件 レティシアの物語』(真野倫平訳、名古屋大学出版会、2020年)
09:43
2021/05/29

自然主義文学研究会の発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
以下の要領で研究会を開催します。
日時:6月5日(土)、15h-17h(Zoomによるオンライン開催)
発表者:寺田光徳氏(熊本大学名誉教授)
発表題目:『ゾラの芸術社会学講義』の紹介

寺田氏は『ゾラの芸術社会学講義—-マネと印象派の時代』(藤原書店)と題された新著を刊行しました。ゾラの美術批評を出発点にして、19世紀フランス美術の制度的側面を考察した重厚な研究書です。その紹介を兼ねて発表していただきます。
参加ご希望の方は、世話人・小倉孝誠(Email:ogura@flet.keio.ac.jp)にお知らせください。当日のURL、配布資料をメールで送付します。

以上

15:29
2021/05/15

『文学としての人文知』第5回「身体論の展開」開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
『文学としての人文知』は、二十世紀、文学と人文知とのあいだにどのような関係の網の目がはりめぐらされていたのかを探る試みです。第5回として、橋本一径先生と伊藤亜紗先生をお招きし、身体論をテーマとする講演会・討論会をオンラインで開催します。
皆様ふるってご参加ください。

日時:5月29日(土)13:00〜17:30
題名:「身体論の展開」
講師:橋本一径(早稲田大学)
   伊藤亜紗(東京工業大学)
聞き手:塚本昌則(東京大学)、鈴木雅雄(早稲田大学)
主催:東京大学フランス文学研究室(03-5841-3842 ; futsubun@l.u-tokyo.ac.jp
共催:早稲田大学フランス文学研究室

【申込方法】(要登録)(上限300名)
以下のリンク先のフォームに必要事項を入力いただき、送信してください。
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tZItdu2hqTwiEtQrY1gA7Vm3LG73TxxFau4F

添付ファイル(PDF): 
文学としての人文知5.pdf


11:49
12345