日本フランス語フランス文学会
 
トップページ > 学会員からの情報> イベントその他 

イベントその他関連情報(Autres Informations)

イベントその他
12345
2018/10/15new

明治大学教養デザイン研究科主催「翻訳と文化」

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
明治大学教養デザイン研究科主催ミニシンポジウム「翻訳と文化」
日時:11月17日(土)午後2時から6時(午後1時半開場)
場所:明治大学駿河台校舎アカデミー・コモン308E教室

第一部(発表) 司会 広沢絵里子(ドイツ文学)(2時から3時半)
虎岩直子(アイルランド文学)「アイルランドと翻訳」
高遠弘美(フランス文学)「プルーストを訳しながら考えたこと」
野崎歓(フランス文学)「翻訳すなわち創造」(発表時間は一人30分)

第二部 発表をめぐる討議  司会 岩野卓司(フランス思想)(4時から6時)
ディスカッサント 広沢絵里子 丸川哲史(中国思想) 井上善幸(英文学)

添付ファイル(PDF):2018秋ミニシンポ.pdf

23:05 | イベント
2018/10/15new

ポール・クローデル生誕150年記念シンポジウム

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
ポール・クローデル生誕150年記念シンポジウム ポール・クローデルの日本

2018年はポール・クローデルが誕生してから150年にあたります。彼が駐日フランス大使だったとき、渋沢栄一とともに創立した日仏会館で二日間にわたり、クローデルが文学者、外交官、宗教家として日本をどのように見ていたのかをフランス人研究者を交え、多角的に議論します。同時通訳付。入場は無料ですが、事前申込制になっています。詳細は添付ファイル、及び日仏会館ホームページを参照して下さい。
奮ってご参加下さい。
添付ファイル(PDF):20181103-04_colloquePaul Claudel_poster.pdf

23:02 | イベント
2018/10/15new

HB 22号(2018)

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
国際スタンダール研究誌『HB』22号(2018)
が Eurédit 社から刊行されました。図書館、研究室へのご購入をご検討下されば幸いです。詳細は添付ファイルをご覧ください。
山本明美:『HB』書評員
添付ファイル(PDF):HB 22 -2018 刊行.pdf

23:00 | イベント
2018/10/09

オーレリー・フォリア=ロワズルール先生講演会(東京大学)

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
2018年10月29日(月)18時より、東京大学本郷キャンパス法文1号館3階314番教室において、オーレリー・フォリア=ロワズルール先生による講演会「ラマルチーヌとメランコリー」を開催いたします。使用言語はフランス語(同時通訳なし)、入場無料です。詳細は添付ファイルをご覧ください。

皆様、ふるってご参加ください。

問い合わせ先 フランス語フランス文学研究室:futsubun■l.u-tokyo.ac.jp(■は@に変えてください)

添付ファイル(PDF):Aurélie Foglia-Loiseleur affiche 2018.10.29.pdf

12:42 | イベント
2018/10/09

デイヴィッド・ベロス先生の講演会(東京大学)

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
2018年10月25日(木)18時より、東京大学本郷キャンパス法文1号館2階219番教室において、デイヴィッド・ベロス先生による講演会「ジョルジュ・ペレックへの誘い」を開催いたします。使用言語はフランス語(同時通訳なし)、入場無料です。詳細は添付ファイルをご覧ください。

皆様、ふるってご参加ください。

問い合わせ先 フランス語フランス文学研究室:futsubun■l.u-tokyo.ac.jp(■は@に変えてください)

添付ファイル(PDF):David Bellos affiche 2018.10.25.pdf

12:39 | イベント
2018/09/26

2019年コロック発表者募集

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
2019年3月22-23日に「今日のスタンダール」学会主催でコロックが開催されます。発表をご希望の方は2019年2月25日までに添付ファイルに記載の担当者まで概略をお知らせ下さい。山本明美(『HB』書評員)

添付ファイル(PDF): Colloque 2019.pdf
20:07
2018/09/17

The Balzac Review / Revue Balzac創刊のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
このたび、研究誌The Balzac Review / Revue Balzac (Classiques Garnier)が創刊されました。国際的なバルザック研究の振興を図る雑誌で、今回刊行された第一号(特集 Balzac et l’etranger)には本誌のアドバイザリーボード委員でもある柏木隆雄先生の論文が掲載されています。
https://classiques-garnier.com/the-balzac-review-revue-balzac-2018-n-1-balzac-et-l-etranger.html
La Revue Balzac entend ouvrir de nouvelles perspectives critiques à la recherche balzacienne. Annuelle et bilingue, elle présente un profil résolument international.


ご愛顧いただければ幸いです。研究室、図書館等での購入のご検討をよろしくお願い致します。

現在、第2号 « L’intériorité » の編集作業中です。
また、第3号の特集テーマが « Le corps » に決まり、投稿論文の募集を開始しました。添付の投稿要領をご参照ください。

The Balzac Review / Revue Balzac編集委員
鎌田隆行(信州大学)

添付ファイル(PDF): Appel.pdf

23:11
2018/09/14

公開講演会「ロマン主義と文学の現代性」のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
公開講演会「ロマン主義と文学の現代性」を以下のように開催いたします。通訳もつきますので、ご関心のある方はぜひお越しください。

日時:2018年10月31日(水)18:30-20:30
場所:立教大学池袋キャンパス5号館5301教室
講師:オーレリー・フォリア=ロワズルール氏(パリ第三大学准教授)
題目:「リリスムの革命」
コメンテーター:野崎歓氏(東京大学教授)
司会:菅谷憲興(立教大学教授)、辻川慶子(白百合女子大学准教授)
通訳:木内尭(日本学術振興会特別研究員-PD)


18:44
2018/09/13

講演会、フランス抒情詩研究会 第1回研究会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
以下の日程で、フランス抒情詩研究会・第1回研究会を、学習院大学文学部フランス語圏文化学科との共催の講演会として開催いたします。参加自由ですので、ご関心のある方はぜひお越しください。
また発表後には、研究会開催や論集刊行などの今後の計画についても相談させていただければ幸いです。その後、懇親会の開催も予定しています。

日時:10月20日(土) 15時より
場所:学習院大学 北2号館(文学部棟)570(フランス文学専攻大学院生室)
講演者:廣田大地(神戸大学)
題目:「ボードレールと抒情性」

※本講演会は、当初7月28日に開催を予定していましたが、台風のため中止となり、上記の日程に変更となりました。

添付ファイル(PDF):特別講演会(学習院大学).pdf

19:55
2018/09/06

公開セミナー「新訳でプルーストを読破する」第7回(立教大学)

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報委員会
立教大学にて開催中の連続公開セミナー「新訳でプルーストを読破する」は、好評のうちに第7回を迎えます(全14回)。詳細は添付ファイルをごらんください。

公開セミナー「新訳でプルーストを読破する」
第7回「ゲルマントのほう III」

・日時:2018年10月6日(土)14:00~16:00
・場所:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館カンファレンス・ルーム
・講師:高楼 方子 氏(作家)
・司会:坂本 浩也(立教大学教授)
・主催:立教大学文学部文学科
・問合せ先:学部事務1課(03-3985-3392)
・メール:proust.rikkyo@gmail.com専用アドレス)
・ツイッター:https://twitter.com/proust_rikkyo
・かならずテキスト(プルースト作・吉川一義訳『失われた時を求めて』第7巻「ゲルマントのほう III」岩波文庫、2014年)をあらかじめ通読のうえ、ご持参ください。申込不要・入場無料、定員100名(先着順)。

添付ファイル(PDF):20181006立教プルースト第7回.pdf
19:36
12345