日本フランス語フランス文学会
 
トップページ > 関東支部 

関東支部論集


日本フランス語フランス文学会関東支部論集はこちらからご覧いただけます。
 

関東支部(Kanto)

関東支部
12345
2019/08/27

2019年度関東支部大会研究発表についてのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

2019年度関東支部大会研究発表についてのお知らせ

 

日本フランス語フランス文学会 関東支部・支部長 永井敦子

 

 日本フランス語フランス文学会関東支部では、来る2020314日(土)、東京藝術大学上野キャンパスにおいて支部大会を開催する予定です。つきましては、研究発表をご希望の方は下記によりお申し込み下さい。研究発表は、これまでに未発表の内容に限ります(なお、今大会より分科会に「思想」を加え、どの分科会での発表を希望するかを選んでいただくことになりました)。

 

1.氏名(ふりがな)

 

2.所属機関

 

3.職名(大学院生は「士課程在籍・修了・退学」とお書き下さい)

 

4.発表題目

 

5. 発表を希望する部会(お選び下さい)

 

語学・中世・16世紀・17世紀・18世紀・19世紀・2021世紀・思想

 

6. 発表形式(お選び下さい)

 

  日本語    フランス語

 

7.プロジェクタの使用(お選び下さい)

 

  

 

8.連絡先の住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス

 

 

9.会員区分(お選び下さい)

 

   会員/関東支部のみ会員/入会予定/関東支部のみに入会予定

 

メールの場合

         メールアドレス : sjllfkanto (at) gmail.com

                         * (at) @に置き換えてください。

ルの件名に「研究表申しみ」と入れて下さい。申しみ後、2日以内に受付完了の返事が来ない合、メルが届いていない可能性がありますので、学会事局におい合わせください。

 

郵送の場合

110-8714 東京都台東区上野公園12-8

     東京藝術大学音楽学部 大森晋輔研究室

     日本フランス語フランス文学会関東支部大会実行委員会

     (封筒に「関東支部研究発表申し込み」と朱書き)

 

申し込み期間 2019831日(土)~  1115日(金)必着

 

***

 

 なお、研究発表をするには2019年度に日本フランス語フランス文学会本会、あるいは学会関東支部のいずれかに入会している必要があります。未入会の方は以下の方法で関東支部に入会して下さい。2020年度以降も引きつづき日本フランス語フランス文学会に所属をご希望の場合は、来年度、本会への入会に切り替えてください(関東支部には自動的に同時入会となります)。

 
 関東支部のみの入会方法:入会申込書 関東支部(準会員用)入会申込書.xlsx に必要事項を記入の上、スキャンPDFファイルにして下記メールアドレス宛に添付送信するか、下記住所宛に郵送してください。返信にて振込用金融機関口座番号をお知らせしますので、期日までに年会費 2000 円をお振込ください。振込の期日は20191115日です。なお、郵便でご連絡いただいた場合、返信が遅れることがありますので、予めご了承ください。

 

メールアドレス:tresorier.sjllfkanto (at) gmail.com

                   * (at) @に置き換えてください。 


1130033 東京都文京区本郷731

 東京大学文学部フランス語フランス文学研究室 教務補佐

 日本フランス語フランス文学会関東支部会計担当幹事 畠山香奈 

 

以上

 

 


23:48 | 大会
2019/03/31

学会奨励賞推薦作公募

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

2020年度学会奨励賞推薦のための公募

 

関東支部のみなさま

 

 日本フランス語フランス文学会(本会)には、学会奨励賞があります(詳細は学会HPをご覧下さい)。

 本会の学会奨励賞は若手会員の優れた業績を称え、広く読者を得るための援助を目的に設立されました。毎年、4月末日を期限として各支部が候補作を推薦することになっています。関東支部では候補作を本会に推薦するために以下の要領で公募を行います。みなさま奮ってご応募ください。

 

 締め切り:2019415日(月)消印有効(Webでのお知らせが遅くなったため、支部総会発表時より締切日を二週間延長致します)。

 応募条件:業績公刊時40歳未満の本会会員(関東支部のみ会員には応募資格がありません)。

 対象業績:201741日より2019331日までの間に印刷発表された、フランス文学・フランス語学・フランス語教育等に関する優れた業績(対象論文については細かい制約があります。詳しくは学会名簿に併載されている運営規則第2章「学会奨励賞」をご覧ください)。

 必要書類:履歴書、業績書各1通および対象業績3部。書類はお返しいたしません(履歴書、業績書の書式は自由です)。

 送付先:〒113−0033東京都文京区本郷7−3−1 東京大学文学部フランス文学研究室 塚本昌則

[確認のため、関東支部会宛に応募する旨、メールにてご連絡ください。sjllfkanto(at)gmail.com  * (at) は@に置き換えてください。]


09:00 | お知らせ
2019/02/01

関東支部 支部長選挙

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部
支部長選挙 投票のお願い

今年は2年に一度の支部長選挙の年です。
みなさまに先日お送りしました投票用紙によって予備投票を行っていただきたく、お願い申しあげます。
予備投票締め切りは、2月15日(金)(必着)です。
その結果に基づいて、3月6日の総会で本選挙を行います。こちらも多くの方のご参加をお願い申しあげます。
予備投票・本選挙とも、投票率の低さが指摘されています。会員各位の積極的なご協力をお願いいたします。
なお、予備投票にあたっては、先日お送りしました支部長選出についての書類を読んだうえで、適正な形でお願いいたします。

関東支部 選挙管理委員会

12:03 | お知らせ
2019/02/01

2018年度関東支部大会 開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部
 来る3月9日(土)に関東支部大会が日本女子大学で開催されます。研究発表、シンポジウムとも充実したプログラムとなりました。また、今年は2年に一度の支部長選挙の年でもあります。支部会員の皆さまには、ふるってご参加くださいますようお願い致します。
日本フランス語フランス文学会 関東支部・支部長 塚本昌則


2018年度 関東支部大会プログラム

日   時  2019年3月9日(土) 10:30〜18:00
会   場  日本女子大学・目白キャンパス(東京都文京区目白台2-8-1)
受   付  10:15〜14:00 百年館低層棟ロビー   14:00~17:00 成瀬記念講堂入口
大 会 費 1,000円
懇親会会場 目白キャンパス七十年館1階(生協食堂)
懇親会費  5,000円(非常勤講師および学術振興会DC・PD取得者は3,000円、学生会員は2,000円)
*昼食は七十年館生協食堂(11:00~13:30営業)をご利用ください。
*同館2階コンビニファーム(食品販売)は春休み中の土曜は閉店しています。
*飲み物とお菓子は、百年館低層棟2階204教室(控室)に用意してあります。

 【開会式】   10:30~10:45 成瀬記念講堂                 司会:髙井奈緒(日本女子大学)
      支部長挨拶:塚本 昌則(東京大学)
      主催校挨拶:高野 晴代(日本女子大学文学部長)

 
【分科会】午前の部 11:00~12:00

第1分科会 言語学  百年館低層棟2階201教室                    
司会:大塚 陽子(白百合女子大学)
 1 «Espèce de N ! »がもたらすマイナス評価について
   楊 鶴(筑波大学大学院人文社会科学研究科 一貫制博士課程)
 2 フランス語におけるLangageSMSの表記・表現の特性について
   松田 里沙(筑波大学大学院 人文社会科学研究科 一貫制博士課程)

第2分科会 16・17世紀  百年館低層棟2階202教室              
司会:久保田 剛史(青山学院大学)[1]
OdileDussud(早稲田大学)[2]
 1 メランコリー、モンテーニュ、ロバート・バートン
   榊原 知樹(東京大学大学院総合文化研究科 博士課程)
 2 コルネイユ『シュレナ』における二つのディスクール ― 破綻()ディスクールと破綻する(・・)ディスクール
   鈴木 彩絵(上智大学大学院 文学研究科 博士後期課程)

 第3分科会 20世紀(1)  百年館低層棟2階203教室         
司会:安原 伸一朗(日本大学)
 1 モーリス・ブランショにおける「人間」の問題
   伊藤 亮太(早稲田大学大学院文学研究科 博士後期課程)
 2 欺かれない者の生 ― ラカンとブランショ
   桑原 旅人(東京大学大学院総合文化研究科 博士課程)

 
【分科会】午後の部 13:00~14:00

第4分科会 18世紀  百年館低層棟2階201教室                
司会:小関 武史(一橋大学)
 1 『カンディード』における船のアレゴリー
   長谷部圭人(慶應義塾大学大学院 文学研究科 修士課程)

第5分科会 20世紀(2)  百年館低層棟2階202教室           
司会:田上 竜也(学習院大学) [1]
荒原 邦博(東京外国語大学)[2]
 1 ヴァレリーにおける詩とエロス ―『魅惑』にみられるあるモチーフについて
   大野田裕矢(東京大学大学院 人文社会系研究科 博士課程)
 2 アンドレ・マルローにおけるヒューマニズムと個人主義:政治的言説を中心に
   石川 典子(東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程)

第6分科会 20世紀(3)  百年館低層棟2階203教室                    
司会:有田 英也(成城大学)[1]
谷昌親(早稲田大学)[2]
 1 「カフェ文化」以後にカフェを描く― パトリック・モディアノの小説作品を中心に
   山内 瑛生(東京大学大学院 人文社会系研究科 博士課程)
 2 「娘」の野心と才能 ― マリー・ンディアイ『魔女』における魔法の表象について
   今野 安里紗(筑波大学大学院 人文社会科学研究科 一貫制博士課程)


 【シンポジウム】 14:20~16:40  成瀬記念講堂 
 「文学とグローバリズムの隙間」
司会:高頭 麻子(日本女子大学、フランス思想・文学)
共催:日本女子大学文学部・大学院文学研究科    

パネリスト
平野 啓一郎(小説家):「多様性へと開き、多様性を内在化させる文学」
阿部 賢一(東京大学、チェコ文学):「翻訳されるテクスト、翻訳されないテクスト:中東欧の視点から」
坂井 セシル(パリ・ディドロ大学、日本近現代文学):「翻訳の可能性とアポリア―日仏の現場から」

【総会】  16:50~18:00  成瀬記念講堂                 議長:澤田 直(立教大学)

【懇親会】18:10~20:10  七十年館1階(生協食堂)
         主催校挨拶:高頭 麻子(大会実行委員長)


*会員の皆さまにお送りした紙媒体のプログラムで、第2分科会の鈴木彩絵さんの発表タイトルと、第3分科会の桑原旅人さんの発表タイトルの一部に間違いがありました。
不手際を心よりお詫び申し上げます。
2018年度大会開催校幹事
日本女子大学 高頭麻子

00:00 | 大会
2018/09/01

2018年度関東支部大会研究発表についてのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

2018年度関東支部大会研究発表についてのお知らせ

 

日本フランス語フランス文学会 関東支部・支部長 塚本昌則

 

 日本フランス語フランス文学会関東支部では、来る201939日(土)、日本女子大学(目白キャンパス)において支部大会を開催する予定です。つきましては、研究発表をご希望の方は下記の要領でお申し込み下さい。研究発表は、これまでに未発表の内容に限ります。

 

1.氏名、所属、職名(氏名にはふりがなをつけ、大学院生は「士課程在籍・修了・退学」とお書き下さい)

 

2.題名

 

3.発表形式(日本語あるいはフランス語)

 

4.連絡先の住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス

 

5. 会員区分(以下から選んでお書き下さい)

     会員/関東支部のみ会員/入会予定/関東支部のみに入会予定  

 

6.申し込み期間 201891日(金)~  1116日(金)必着

 

メールの場合

         メールアドレス : sjllfkanto (at) gmail.com

                         * (at) @に置き換えてください。

ルの件名に「研究表申しみ」と入れて下さい。申しみ後、2日以内に受付完了の返事が来ない合、メルが届いていない可能性がありますので、学会事局におい合わせください。

 

    郵送の場合

 112-8681  東京都文京区目白台28-1 

日本女子大学文学部 高頭麻子研究室 

日本フランス語フランス文学会関東支部大会実行委員会

  (封筒に「関東支部研究発表申し込み」と朱書き)

 

***

 

 なお、研究発表をするには2018年度に日本フランス語フランス文学会本会、あるいは学会関東支部のいずれかに入会している必要があります。未入会の方は以下の方法で関東支部に入会して下さい。2019年度以降も引きつづき日本フランス語フランス文学会に所属をご希望の場合は、来年度、本会への入会に切り替えてください(関東支部には自動的に同時入会となります)。

 
 関東支部のみの入会方法:入会申込書 関東支部(準会員用)入会申込書.xlsx に必要事項を記入の上、スキャンPDFファイルにして下記メールアドレス宛に添付送信するか、下記住所宛に郵送してください。返信にて振込用金融機関口座番号をお知らせしますので、期日までに年会費 2000 円をお振込ください。振込の期日は20181116日です。なお、郵便でご連絡いただいた場合、返信が遅れることがありますので、予めご了承ください。

 

メールアドレス:tresorier.sjllfkanto (at) gmail.com

                   * (at) @に置き換えてください。 


1130033 東京都文京区本郷731

 東京大学文学部フランス語フランス文学研究室 教務補佐

 日本フランス語フランス文学会関東支部会計担当幹事 畠山香奈 

 

以上

 

 


00:00 | 大会
2018/03/24

学会奨励賞推薦作公募

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

学会奨励賞推薦のための公募

 

日本フランス語フランス文学会(本会)には、学会奨励賞があります。

本会の学会奨励賞は若手会員の優れた業績を称え、広く読者を得るための援助を目的に設立されました。毎年、4月末日を期限として各支部が候補作を推薦することになっています。関東支部では候補作を本会に推薦するために以下の要領で公募を行います。みなさま奮ってご応募ください。

 

締め切り:2018331日消印有効。

応募条件:業績公刊時40歳未満の本会会員(関東支部のみ会員には応募資格がありません)

対象業績:201641日より2018331日までの間に印刷発表された、フランス文学・フランス語学・フランス語教育等に関する優れた業績 対象論文については細かい制約があります。詳しくは学会名簿に併載されている運営規則第2章 学会奨励賞をご覧ください)

必要書類:履歴書、業績書、対象業績要旨、各1通および対象業績3部。書類はお返しいたしません(履歴書、業績書の書式は自由です、対象業績要旨はA41枚以内で簡潔に記してください)

送付先:〒1130033東京都文京区本郷731 東京大学文学部フランス文学研究室 塚本昌則

 

 


09:40 | お知らせ
2018/01/28

2017年度関東支部大会 開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

 来る3月10日(土)に関東支部大会が駒澤大学で開催されます。支部会員の皆さまには、今年度もふるってご参加いただき、時代の流れのなかで、真に価値あるものが何なのかを立ちどまって考える一日となるように願っております。研究発表、シンポジウムとも充実したプログラムとなりました。多くの方々のご来場をお待ちしています。


                                         日本フランス語フランス文学会 関東支部・支部長 塚本昌則

 

 

2017年度 関東支部大会プログラム

 

日時   2018310日(土) 1030 〜 2000

会場   駒澤大学・駒沢キャンパス(東京都世田谷区駒沢1-23-1

受付   1015 〜 1545 記念講堂ロビー

大会費   1,000

懇親会会場   深沢キャンパス・洋館大ホール(東京都世田谷区深沢6-8-18

懇親会費   5,000(非常勤講師および学術振興会DCPD取得者は3,000円、学生会員は2,000円)
(なお昼食はお弁当を用意します[1,000円]。ご希望の方は事前申込みのうえ1号館 5 510教室でお受け取りください

 

【開会式】   10301045 1号館2階203教室        司会 小黒昌文(駒澤大学)

   支部長挨拶 塚本昌則(東京大学)

   主催校挨拶 日笠完治(駒澤大学副学長

 

 

【分科会】午前の部 11001230

第1分科会 語学・1718世紀  1号館5502教室       
                                  
司会:Simon Tuchais(上智大学)[1
                                    秋山伸子(青山学院大学)[2

                                                                                        川村文重(慶應義塾大学)[3

1 日仏語間「借用」について —語彙クリエーションと文化要素

宮川宗之(筑波大学大学院 人文社会科学研究科 一貫制博士課程退学)

2 フランス17世紀におけるトラジェディーとエレジーの関係性
      ―3つの『ディドン』 の比較による考察―

          鈴木彩絵(上智大学大学院 文学研究科 博士課程)

3 ルソー『人間不平等起源論』における動物と模倣

          木村太郎(東京大学大学院 人文社会系研究科 博士課程)

 

2分科会 1920世紀(1)  1号館5504教室            
                                司会:畠山達(明治学院大学)[1]
                                   池田潤(白百合女子大学)[23

1 ボードレール「仮面」再読

         小倉康寛(一橋大学大学院 言語社会研究科 博士課程修了)

2 マルセル・シュウォブとイギリス文学

       鈴木重周(横浜市立大学大学院 国際文化研究科 博士課程単位取得退学  日本学術振興会特別研究員RPD

3 プルースト『失われた時を求めて』の文体に現れるジョージ・エリオット

          菊池博子(お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科博士課程満期退学       

 

3分科会 20世紀(2)  1号館5506教室                         
                         司会:慎改康之(明治学院大学)[1
                            大森晋輔(東京藝術大学)[2

1 ミシェル・フーコーにおける真理と意志の問題

         桑原旅人(東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程)

2 観客的実存と俳優的実存 
   ―ジョルジュ・バタイユとピエール・クロソウスキーにおける演劇の問題

         吉田隼人(早稲田大学大学院 文学研究科博士課程  日本学術振興会特別研究員DC

 

【分科会】午後の部 13301430

4分科会 20世紀(3)  1号館5502教室                  
                             
司会:有田英也(成城大学)


  1
 アルベール・カミュ『ペスト』における医療者と隔離措置について

                     顔世良(筑波大学大学院 人文社会科学研究科 一貫制博士課程)

 2 監獄と芸術と不条理 アルベール・カミュにおける語りの発生

                     佐々木匠(早稲田大学大学院 文学研究科 博士課程)

 

5分科会 20世紀(4)  1号館5504教室                   
                                                                                      司会:鈴木雅生(学習院大学)[1

                                                                                       笠間直穂子(國學院大学)[2

1 初期ル・クレジオ作品と禁断の色

          大谷健一郎(パリ第4大学 博士課程)

2 マリー・ンディアイ『ロジー・カルプ』における「ひとり親」女性の〈fille〉性

               今野安里紗(筑波大学大学院 人文社会科学研究科 一貫制博士課程)            

 

【シンポジウム】14501650  1号館2階203教室

  
  
「カタストロフィを越えて —— 文学・芸術をめぐる倫理の射程」
                                                                                                      

 パネリスト:湯沢英彦(明治学院大学)× 畠山直哉(写真家)×   澤田直(立教大学)

       司会:小黒昌文(駒澤大学)

 

【総会】     17001745  1号館2階203教室     議長  吉村和明  (上智大学)

 

【懇親会】 18002000  深沢キャンパス・洋館大ホール

                            主催校挨拶:遠山博雄(大会実行委員長)

 


12:30 | 大会
2017/09/01

2017年度関東支部大会研究発表についてのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

2017年度関東支部大会研究発表についてのお知らせ

 

日本フランス語フランス文学会 関東支部・支部長 塚本昌則

 

 日本フランス語フランス文学会関東支部では、来る2018310日(土)、駒澤大学において支部大会を開催する予定です。つきましては、研究発表をご希望の方は下記によりお申し込み下さい。

 

1.氏名、所属、職名(氏名にはふりがなをつけ、大学院生は「士課程在籍・修了・退学」とお書き下さい)
 
2.題名
 
3.発表形式(日本語あるいはフランス語)
 
4.連絡先の住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス
 
5. 会員区分(以下から選んでお書き下さい)
      会員/関東支部のみ会員/入会予定/関東支部のみに入会予定

 

メールの場合

          メールアドレス : sjllfkanto (at) gmail.com

                           * (at) は@に置き換えてください。

メールの件名に「研究発表申し込み」と入れて下さい。申し込み後、2日以内に受付完了の返事が来ない場合、メールが届いていない可能性がありますので、学会事務局にお問い合わせください。

 

     郵送の場合

 154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1 駒澤大学 総合教育研究部 外国語第二部門 日本フランス語フランス文学会関東支部大会実行委員会 小黒昌文 (封筒に「関東支部研究発表申し込み」と朱書き)

 

   6.申し込み期間 201791日(金)~  1117日(金)必着

 

***

 

 なお、研究発表をするには2017年度に日本フランス語フランス文学会本会、あるいは学会関東支部のいずれかに入会している必要があります。未入会の方は以下の方法で関東支部に入会して下さい。2018年度以降も引きつづき日本フランス語フランス文学会に所属をご希望の場合は、来年度、本会への入会に切り替えてください(関東支部には自動的に同時入会となります)。

 
 関東支部のみの入会方法:入会申込書 関東支部(準会員用)入会申込書.xlsx に必要事項を記入の上、スキャンPDFファイルにして下記メールアドレス宛に添付送信するか、下記住所宛に郵送してください。返信にて振込用金融機関口座番号をお知らせしますので、期日までに年会費 2000 円をお振込ください。振込の期日は20171117日です。なお、郵便でご連絡いただいた場合、返信が遅れることがありますので、予めご了承ください。

 

メールアドレス:tresorier.sjllfkanto (at) gmail.com

                    * (at) は@に置き換えてください。 


182-8525 東京都調布市緑ヶ丘1-25

 白百合女子大学文学部フランス語フランス文学科 

 日本フランス語フランス文学会関東支部会計担当幹事 大塚陽子 行

 

以上


09:30 | お知らせ
2017/03/11

学会奨励賞推薦作公募

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部

学会奨励賞推薦のための公募

 

日本フランス語フランス文学会(本会)には、学会奨励賞があります。

本会の学会奨励賞は若手会員の優れた業績を称え、広く読者を得るための援助を目的に設立されました。毎年、4月末日を期限として各支部が候補作を推薦することになっています。関東支部では候補作を本会に推薦するために以下の要領で公募を行います。みなさま奮ってご応募ください。

 

締め切り:201743日消印有効。

応募条件:業績公刊時40歳未満の本会会員(関東支部のみ会員には応募資格がありません)

対象業績:201541日より2017331日までの間に印刷発表された、フランス文学・フランス語学・フランス語教育等に関する優れた業績 対象論文については細かい制約があります。詳しくは学会名簿に併載されている運営規則第2章 学会奨励賞をご覧ください)

必要書類:履歴書、業績書、対象業績要旨、各1通および対象業績3部。書類はお返しいたしません(履歴書、業績書の書式は自由です、対象業績要旨はA41枚以内で簡潔に記してください)

送付先:〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学文学部、澤田直研究室


02:48 | お知らせ
2017/02/07

住所変更された方へ

Tweet ThisSend to Facebook | by 関東支部
 先に会員の皆様に大会のお知らせ、関東支部論集、選挙書類一式、会計報告を送らせていただいたところですが、住所が変わられたと思われる方の郵便物が返送されてきています。住所変更の登録がお済みでない方は、以下のアドレスまで何卒ご一報いただけますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。
 hakata@tufs.ac.jp(博多かおる)
22:22 | 大会
12345