日本フランス語フランス文学会
 
トップページ > スタージュ> 過去のスタージュ 

過去のスタージュ

過去のスタージュ >> 記事詳細

2011/10/08

2012年フランス語教育国内スタージュ募集要項

| by WEB担当
2011年10月8日

日本フランス語フランス文学会

日本フランス語教育学会

在日フランス大使館

日本フランス語フランス文学会、日本フランス語教育学会、在日フランス大使館の三者は、以下の要領でフランス語教育国内スタージュを共催します。参加を希望される方は指示にしたがってご応募下さい。
 記

主催:日本フランス語フランス文学会、日本フランス語教育学会、在日フランス大使館

期日:2012年3月24日(土)13時 ~ 3月27日(火)18時30分

   (時間に関しては、プログラム確定後に若干の変更の可能性あり)

会場:東京日仏学院(飯田橋)

   東京都新宿区市谷船河原町15(JR・東京メトロ飯田橋駅徒歩5分)

目的と概要:

言語教育にかかわる分野を概観し、フランス語教授法および教育技能について基礎知識を習得する。フランス語教育の専門家を講師として、4日間の集中研修を行う。講義・演習を含めた研修内容により、参加者各自の教育活動の実情に即して改善すべき課題を明確にする。4日間すべての講座を修了した者には日本フランス語フランス文学会、日本フランス語教育学会、在日フランス大使館文化部による修了証が与えられる。本スタージュ修了者のうち若干名が選抜されて、2012年夏にフランスおよびケベックで実施される教員対象の研修コースに派遣される予定である(注)。

内容:p.3を参照のこと。

募集人数:20名程度。応募者から主催者が書類選考する場合がある。

応募資格:日本フランス語フランス文学会または日本フランス語教育学会の会員であって、現在フランス語教育にたずさわっている教員もしくは近い将来たずさわることを希望する大学院生。

参加費:16,000円

滞在費補助:遠隔地からの参加でホテル等に宿泊する参加者には、1泊上限5,000円の滞在費補助を行う。

提出書類:(1)参加申込書、(2)履歴書(フランス語)、(3)応募者アンケート

をフランス語教育国内スタージュ事務局宛てに角2封筒(A4サイズ)で郵送すること。(提出書類についてはpp.4-5をご参照ください。なお、(1)参加申込書は両学会のホームページからもダウンロードできます。)

応募期間:2011年12月1日~2012年1月10日(必着)

応募・問い合せ:フランス語教育国内スタージュ事務局

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 日仏会館505

  日本フランス語フランス文学会気付

電話:03-3443-6671 fax:03-3443-6672 E-mail : sjllf@jade.dti.ne.jp

(注)フランスにおける夏季研修の選抜については、原則として教歴のある方を優先しており、フランス大使館文化部から下記の基準が示されています。フランスへの派遣を希望して決定した場合には、正当な理由なく辞退することはできません。

 

Critères de sélection des candidats boursiers à la formation professionnelle en France (juillet/août)

 La sélection des stagiaires du stage de mars se fera collégialement entre la SJDF, la SJLLF et le Service culturel de l'Ambassade de France. En revanche, la sélection des professeurs boursiers relève du Service culturel.

 Afin de sélectionner les professeurs boursiers et stagiaires (formation professionnelle en France durant l'été 2012), le Service culturel retiendra les critères de sélection suivants :

    l'expérience professionnelle antérieure du professeur
    la participation au stage de mars (on demandera un court compte rendu personnel de participation au stage de mars)
    un entretien avec l'Attaché linguistique du Service culturel de l'Ambassade de France au Japon et les secrétaires généraux de la SJLLF et de la SJDF
    le projet de formation du professeur


<参考>

選抜人数と国外研修先: 

2006年度 14名 CLA (Besançon)

2007年度 10名 CAVILAM (Vichy) ou CLA (Besançon)

2008年度 5名 CAVILAM (Vichy) ou Institut de Touraine (Tours)

2009年度 6名 CAVILAM (Vichy) ou Institut de Touraine (Tours)

2010年度 7名 CLA (Besançon), 1名 Université de Montréal (Québec)

2011年度 7名 CLA (Besançon), 1名 Université de Montréal (Québec)



2012年フランス語教育国内スタージュの内容についての説明

このスタージュは教え始めて間もない若手の先生方だけでなく、豊かな経験を積んでこられた先生方、そして近い将来フランス語を教えることを希望する大学院生も対象としています。既に教職にある先生方には教える仕事のあり方を振り返り、問題点や解決策をとらえ直す良い機会になり、これから教職を目指す方にはフランス語を教えるメティエをよく知る機会になることでしょう。

具体的にスタージュでは、日本におけるフランス語教育の現状をふまえ、教授方法や授業運営の技術について研修します。主な内容は次のようなものです。(プログラムの詳細は、12月中旬に日本フランス語フランス文学会、日本フランス語教育学会のホームページに掲載します。)

  • 外国語教育の観点から言語習得についての理解を深める。
  • クラス内での教師と学習者の関わり方について具体的に考えながら、授業の組み立て方や学習者が活発に参加する学習活動とはどのようなものか理解する。
  • 発音、文法、文学などの教え方について理解を深める。
  • 学習の結果、習得されたことをどのように評価するのか、その方法を学ぶ。
  • 教科書やさまざまな資料の選択基準、それらの教材を使いこなすために授業プラン作成や授業展開について考える。

 スタージュは、講義によって知識を得ることと、具体的な課題からディスカッションや作業をすることの組み合わせによって進めます。そして最終日にはスタジエールによる模擬授業を行います。スタージュを通じて、講義を担当する現職の教師の考えを具体的に聞くことができるだけでなく、他の参加者との意見交換をとおして互いに刺激し合い、横のつながりを作ることもできます。スタージュが終わったあとも、実践的な情報交換の場として新たなネットワークを構築できるでしょう。また、研究者としての興味と外国語の教師としての仕事のあいだをどのように関連づけていったらよいのかということについても、考えを交換することができるに違いありません。

 本年度もフランスより、外国語としてのフランス語教育(FLE)の専門家を講師として招聘する予定です。詳細が決まりましたら両学会のホームページにアップいたしますのでご覧ください。

なお、2012年2月中旬から3月上旬頃に模擬授業の準備を兼ねて授業見学をしていただく予定です。

 

 2012年フランス語教育国内スタージュ参加申込書はこちらからダウンロードをしてください。

PDFファイル/Wordファイル


20:30 | 2012