日本フランス語フランス文学会
 
トップページ > スタージュ> 過去のスタージュ 

過去のスタージュ

過去のスタージュ >> 記事詳細

2011/03/20

重要なお知らせ「開催中止」

| by WEB担当
重要なお知らせ「開催中止」:震災の影響を考慮し、開催を中止いたしました。詳細は以下のページをご参照ください。http://www.sjllf.org/joe7bom7y-255/#_255

授業内容][2011]Dimanche 20 mars : Stage de mars 2011スタージュ講座概要(2)
Dimanche 20 mars

9h30-12h30

Documents authentiques oraux et écrits pour la classe de français


Isabelle Morieux (Fondation Alliance française), Michel Boiron (CAVILAM)

Notre objectif est de donner le goût du français et d’associer intimement l'acquisition systématique des connaissances linguistiques à la compréhension des contextes culturels.

Sous le terme « documents authentiques » se cache toute une série de documents oraux, écrits et/ou visuels qui, au départ, n’étaient pas destinés à une utilisation dans une salle de classe : chansons, bandes dessinées, courts métrages, émissions de télévision ou de radio, articles de presse, publicités et même, textes littéraires….

Notre objectif est d’encourager l’utilisation de tels documents dès les premiers niveaux car ils permettent un contact vrai avec la langue cible et contribuent à donner du sens à l’apprentissage.

A partir d’exercices créatifs et récréatifs directement applicables en classe, de réflexions sur des stratégies d'enseignement et d'apprentissage à la fois sérieuses et conviviales, nous explorerons différentes approches de ces documents.

L'atelier alternera exposés, travaux de groupes, simulations de classe et discussions critiques.

13h45-14h15

Présentation du CECR

ヨーロッパ言語共通参照枠(CECR)について

西川葉澄(上智大学)、中野 茂(早稲田大学高等学院
 ヨーロッパ統合の一連の流れにおいて、欧州評議会の言語政策の柱として2001 年に打ち出されたヨーロッパ言語共通参照枠(le Cadre Européen Commun de Référence pour les langues, 略CECR、英語表記はCEFR)は、現在のフランス語学習において重要な指標となっています。このセッションでは、30 分という限られた時間ではありますが、ヨーロッパ共通参照枠についてフランス語教師として押さえておきたい必要最低限の点に絞ってご紹介したいと思います。

 共通参照枠の成り立ちと意義ならびに、A1からC2までのレベル概要を主に扱いますが、CECRに代表されるヨーロッパの言語政策が日本のフランス語教育に及ぼす影響についても簡単に触れたいと思います。

14h15 – 16h15

Méthodologie du FLE

Pierre-Yves Roux (Centre international d'études pédagogiques)

 Connaître le passé pour mieux se situer dans le présent, tel pourrait être l’objectif de cette intervention qui proposera un historique des principaux courants méthodologiques de l’enseignement du français langue étrangère au cours du XXe siècle. Une découverte active des différentes méthodologies permettra d’identifier les ruptures mais aussi les continuités d’un courant à l’autre, tout en insistant sur le fait que si les méthodes du passé peuvent aujourd’hui faire sourire, elles se sont révélées efficaces en leur temps, et les approches actuelles feront certainement sourire à leur tour dans quelques décennies…

16h30 – 17h30

Utilisation des TICE

TICEの利用法

國枝孝弘(慶應義塾大学)、古石篤子(慶應義塾大学)
 テクノロジーとは何でしょうか?このアトリエでは、教室空間を越えて「人と人をつなぎあわせるメディア」と捉えたいと思います。テクノロジー「で」学ぶのではなく、テクノロジーを「通して」学ぶことを考えます。
 
  昨今のe-learningの進展には目覚ましいものがあります。かつてはコンピュータのスキルをもった教員が自ら教材を作成して(プログラミングして)授業を行っていました。しかし、現在では「どのような教材を作成するか」から「教材をどのように用いるか」という問いにシフトしてきています。

 そもそも、なぜ既存の教科書やCDではなく、TICE (Technologie de l'Information et de la Communication pour l'Enseignement)に着目するのか。それは時代の最先端だからではありません。TICEを用いることで、学習の環境が教室という閉じられた空間から、その外へと一気に広がるからです。またそのことによって、学習者は、教室の外で、他の学習者と出会う機会を得ることができるからです。

 このアトリエでは、WEB教材, podcast、遠隔TV会議、LMS(learning management system) などをもちいた実践的な授業例を紹介しながら、ITを用いた学習のあり方にアプローチしていきます。

 そして、教育の目的をどこに定め、学習者のどんな力を育てるために、どのようなカリキュラムを設計して、その中でどのようなテクノロジーを使うのか ! 教育、学習者、そして学習環境をトータルに考えながら、TICEにしかできないことの見極めをみなさんとしたいと思います。

17h40 – 19h00

Pratique de classe : préparation 2

模擬授業:準備2

チューター: 原田早苗(上智大学)、室井幾世子(上智大学)中野茂(早稲田大学高等学院)、土屋良二(津田塾大学) 善本孝(白百合女子大学

 それぞれのグループ担当のチューターとともに、最終日の「模擬授業」のための準備を行います。また、チューター以外でも準備に協力してくださる講師もいますので、お気軽に声をかけてご相談ください。
09:00 | 2011