お知らせ

2018年度秋季大会ワークショップ1 


見えるもの、見えないもの―19 世紀幻想文学再考―

コーディネーター・パネリスト:梅澤 礼(富山大学)パネリスト:中島 淑恵(富山大学)、足立 和彦(名城大学)


フランスにおける幻想文学は、1950 年代のカステックス、60 年代のカイヨワの研究によって注目された。その流れを決定的なものにしたのは、幻想とは「怪奇」と「驚異」の間の「ためらい」であるとしたツヴェタン・トドロフであった。しかしそのトドロフも2017 年に亡くなり、2018 年度刊行の LITTERA 第 3 号においてピエール・グロードは、トドロフの理論がいくつもの問題点を抱えていることを指摘している。そこで本ワークショップでは、発表以来50 年を迎えようとするトドロフの理論をいったん保留し、我々自身の視点から幻想文学を読み直すことを試みたい。具体的には、19 世紀幻想文学を代表するメリメ、ゴーチエ、モーパッサンの作品を取り上げ、主に「視覚」の観点から幻想の表象を考察する。それぞれの作品において、不可解なものはどのように知覚されるのだろうか。梅澤はメリメの『煉獄の魂』が、見える恐怖だけでなく見えない恐怖によっても支配されていることに注目し、この「視覚」以外で感じられる事物によって作品世界の整合性がどのように保たれているのかを考える。中島は、ゴーチエの『死霊の恋』において、死霊との直接的接触(触れられる、交わる、血を吸われるなど)によって喚起される違和感について考察することから、幻想文学における幻覚について検討を加えたい。そして足立は、モーパッサンにおいて「見えないもの」がなぜ恐怖の対象となるのか、「見えないものを見る」というアポリアは何を意味するのか、『オルラ』に至る作品を通して考えることで、実証主義の時代の恐怖を分析する。幻想は実に幅広い主題である。会場との活発な意見交換を通して、幻想文学を再考する可能性と意義について、多くの研究者と認識を共有できれば幸いである。
 

お知らせ

2018年度秋季大会ワークショップ2

音声





近代フランス美術と文学―その照応と対立のダイナミズム

コーディネーター・パネリスト:津森 圭一(新潟大学)パネリスト:太田 みき(明治学院大学)、熊谷 謙介(神奈川大学)、畠山 達(明治学院大学)



姉妹芸術と呼ばれる文学と絵画については、従来その一致する点に強い関心が寄せられてきた。一方で、両者の照応のみならず対立を含む相互作用のダイナミズムについて十分に議論されてきただろうか。本ワークショップでは、フランス 19 世紀前半から 20 世紀初頭にかけて、美術批評、小説、詩、日記、書簡などのメディアで「美」が語られるメカニズムを、文学研究と美術史研究の両方の立場から双方向的に再考する。とくに、当時文学が美術批評をその下位ジャンルとして取り込む一方で、美術が文学の影響に抵抗を見せるという現象に着目しつつ、ロマン主義から象徴主義までの芸術潮流において「諸芸術の交感」の言説がいかに変化していったかを検証したい。太田は詩に依って絵画の価値を主張する伝統的理論を確認した後、時間芸術と空間芸術を明別したレッシング以降、絵画独自の「語り」を追求する過程で、物語画がどのように変質していったかを、ロマン主義、アカデミスム、象徴主義から事例を挙げて考察する。畠山は、まず19 世紀の中等教育における詩と絵画の関係に着目し、規範の生成と伝統の継承という問題を確認する。次に、ボードレールがその規範/伝統にどのような変革をもたらしたか、詩作品及び美術批評などを通して複層的に考察してみたい。熊谷は「象徴主義」的言説の囲い込みに対して美術が抵抗を示したことを、オーリエの美術批評「絵画における象徴主義」を事例にして確認するとともに、その文学的バイアスに秘められた象徴主義再編の可能性を示唆する。津森は小説家プルーストと画家ボナールがともに、ある「感覚」体験を作品で再現するときには必然的に時間差が生じ、「思い出」(souvenirs)の力に頼ることに自覚的であったことに着目する。
 

お知らせ

2018年度秋季大会ワークショップ3

音声




転位するディドロ(Diderot en déplacement)―ディドロの政治・道徳論の新たな読みに向けて


コーディネーター:逸見 龍生(新潟大学)パネリスト:王寺賢太(京都大学)、イ・ヨンモック(ソウル大学)、シャルル・ヴァンサン(京都大学)

ディドロという思想家・作家をめぐる近年のアプローチは、ますます多岐におよぶものとなった。それに伴い、従来の解釈におけるディドロ像も大きな修正を迫られている。このワークショップでは、日韓仏の研究者たちを招き、それぞれの専門的立場からディドロのテクストの読みを提出し、2013 年のディドロ生誕 300 周年から 5 年後の本年、現代のディドロ解釈の地平をあらためて捉え直すことにしたい。中心となるのは、ディドロにおける政治・道徳論である。従来、たとえばルソーに対して政治的急進性において〈退行的〉とすらしばしば評されてきたこの百科全書派の政治的思考は、果たして真にそのようなものだったのか。テクストとコンテクストの周到な読みを通じて、あるいはこうした観点とは異なる相貌が現れてきはしないか。パネリストは後期ディドロ政治思想、特に『両インド史』の解読を進めてきた王寺賢太(京都大学)、やはりディドロの政治思想、特にその18 世紀ジャンセニスムの神学政治論的言説との関係の分析から出発、近年では哲学的コントの新たな読みの可能性へと研究領域を進めてきたイ・ヨンモック(ソウル大学)、後期ディドロの倫理思想をその晩年のセネカ論(『クラウディスとネロの治世』)を中心に解明しようとしているシャルル・ヴァンサン(京都大学)の三名である。発表はすべてフランス語で行われる。会場との活発な議論を期待したい。
 

お知らせ

2018年度秋季大会のワークショップ4




マラルメと20世紀の詩人たち―没後120年目に振り返る―

コーディネーター・パネリスト:坂巻 康司(東北大学)パネリスト:中山 慎太郎(学習院大学)、太田 晋介(大阪大学)


 2018年は象徴主義詩人ステファヌ・マラルメ(1842-1898)の没後120年目に当たる。この詩人が20世紀全体に亙って、文学・哲学・音楽を代表する人物たちに多大な影響を与えたことは夙に知られている。仏文学会ではすでに2014年の秋季大会において『哲学者が語る複数のマラルメ像』というワークショップを開催し、デリダ、ドゥルーズ、ランシエールといった20世紀を代表する哲学者たちに与えたマラルメの影響を検証したが、今回は詩人たちの創作活動そのものに与えたインパクトを検証してみたい。マラルメと20世紀思想との関連性は比較的明らかになっているものの、詩人たちの創作自体にマラルメの詩学が直接的にどのような影響をもたらしたのかという点に関しては、これまでの研究において、必ずしも詳らかにされたとは言えないからである。そのような観点から、本ワークショップは以下のように進めて行く。まず、坂巻は、マラルメに対する批判的姿勢から詩作を開始したイヴ・ボヌフォア(1923-2016)の試みの当否を改めて検証する。続いて中山は、ボヌフォアと同様に長年月に亙って詩を書き続けて来たジャック・デュパン(1927-2012)の詩作にマラルメからの影響があるのかどうかを探る。最後に太田は、全く独自の境地に辿り着いたと思われるフランシス・ポンジュ(1899-1988)の詩作とマラルメの思想を比較検討する。マラルメという19世紀後半を代表する詩人が、20世紀から現代に至るフランス詩の流れの中でどのような位置を占めるのかということを改めて問うことは、近現代フランス文学の全体像を見極める上で欠かすことのできない作業であろう。当日は会場からも刺激的なご意見を伺うことが出来ればと考えている。
 

お知らせ

2018年度秋季大会のワークショップ5


ラスキンとフランス

 コーディネーター:和田 恵里(青山学院大学)パネリスト:横山 裕人(成蹊大学)、加藤 靖恵(名古屋大学)、荻野 哉(大分県立芸術文化短期大学)


 2019 年はジョン・ラスキン生誕百年に当たる。フランス文学に関わる者たちの間では、マルセル・プルーストが小説家としての地盤を築く過程でこの作家から深く影響を受けたという文脈で語られることが多いのだが、今回このワークショップでは、一旦プルーストとの関係という枠組みを外すことで、フランスの社会、文化、芸術とラスキンがどのように関わったのかをあらためて問い直すことを目的とする。横山は、フランスにおけるラスキン受容の変遷を書誌的に辿り、ラスキンの思想がどのように解釈され、議論や批判の対象となったか、あるいは社会の中に吸収されていったかを検証するための基本的データを呈示する。従来重視されてきた絵画論、建築論のみならず、労働運動や環境保護といったテーマも視野にいれつつ、フランスにおけるラスキン受容の多様性と意外な広がりを示したい。荻野は、『モダン・ペインターズ』や『ヴェネツィアの石』といった前期の代表的著作から、後期の美術講義にいたるラスキンの芸術観の変遷を、想像力をめぐる議論などを手がかりにしつつ考察する。その際、19 世紀後半のイギリスで展開した唯美主義(運動)の内実、およびラスキンとその動きとの関係を視野に入れることによって、同時期のフランスの思想との差異も示したい。加藤は、ラスキンといういわば異国人の目を通して再発見されたフランスの中世カトリック美術(建築と彫刻)に注目する。宗教、偶像崇拝、中世の復権をキーワードとして、フランスにおける図像学的貢献という視点からラスキンが果たした役割を、アミアン、リジューなどの教会建築の映像を交えて明らかにした上で、仏訳『アミアンの聖書』の序文に展開されるプルーストのラスキン論を再考察する。