日本フランス語フランス文学会
 
トップページ > 学会からのお知らせ 

学会からのお知らせ

News >> 記事詳細

2021/10/13

学会費自動振替制度のご案内

| by sjllf

学会費自動振替制度のご案内

 

会費納入について、2012年度より預金口座からの自動引落が可能となっております。

銀行・信用金庫・信用組合など、ゆうちょ銀行を含む全国の金融機関よりご利用いただけます。また、振替手数料は本会が負担し、振り込み(送金)手数料は不要となります。

 「学会費自動振替制度」は、会員のみなさまの利便性向上、さらには学会事務局の省力化を図るために導入されたもので、ご希望される場合にのみ適用されます。

「郵便振替用紙」による会費納入も、従来通りお使いいただけます。必ず、どちらか一方の納入方法をお選びください。「学会費自動振替制度」をご希望の方は、「預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書」に必要事項をご記入の上、本会事務局にご提出ください。

 

なお、現在この制度をご利用いただけるのは正会員、賛助会員のみです。また、新規会員の方も、入会費があるため、初年度は郵便振替用紙での支払いをお願い致します。

 

学会費自動引落のしくみ

 年会費の振替は、収納代行業者(日本システム収納)を通して、ご指定の金融機関から、2022年度より毎年427日(休日の場合は翌営業日)に行われます(通帳には「NSS.SJLLF」と印字)。

 振替日は個別に通知されませんが、「学会ニュース」などでお知らせしますので、振替日の前日までに残高確認をお願い致します。自動引落は、業者への手数料の関係で年1回しか実施されません。残高不足により引落ができなかった場合は、郵便振替用紙による会費納入をお願いすることになりますので、くれぐれもご注意ください

 

申込書の締切日および送付先

 「預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書」の提出締切は202112月末日(必着)になります。申込書は各金融機関へは持ち込まず、本会事務局宛にご郵送ください。

 

領収書発行について

 ご希望の方には、学会事務局より会費納入の領収書を発行致します。その場合は、お手数ですが、学会HPより「領収書依頼」を取得いただき、お名前をご記入の上、申込書に同封してください。また、宛名や但し書きの指定がございましたら、備考欄にご記入ください。

 

なお、2020年度分の会費が未納の場合には、郵便振替用紙にて未納分をお支払いいただいた上で、2020年度以降の自動振替制度にお申し込みください。会費未納でお申し込みいただいた場合は、当該年度の会費と未納分を合算して自動振替させていただきますので、くれぐれもご注意ください。入金状況につきましては、学会事務局までお問い合わせください。

 

 また、「申込書記入例」 「預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書」 「領収書依頼」は、学会HP(「事務局より」→「学会費自動引き落とし・振込み」)からのダウンロードが可能です。

 

申込用紙郵送先

日本フランス語フランス文学会 事務局宛

150-0013東京都渋谷区恵比寿3-9-25 505号室

Tel: 03-3443-6671

 

 それでは、ご検討くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

日本フランス語フランス文学会 幹事長 塩塚秀一郎

 


14:41